腸内環境が関係している? ニキビの原因

ニキビと腸の原因

ニキビに悩んでいる人は、治りにくい、治ってもすぐまたニキビができる状態を繰り返している人が多いです。

 

そんなしつこいニキビを何とかするには、腸の機能を見直してみるという方法があります。

 

ニキビと腸?というと一見関係性がなさそうですが、お肌と腸には、密接なかかわりがあるんです。

 

腸とニキビは切っても切れない関係?!

 

いきなり結論から言うと、腸の乱れは、ニキビを作る原因になります。

 

腸は、食事で摂取した栄養素の消化や吸収を行う大切な臓器です。

 

腸内環境が崩れてしまうと、腸管の機能が低下して栄養素の吸収が損なわれてしまい、同時に便の排出も難しくなります。

 

そのため、便と一緒に排出されるはずの老廃物(毒素)も腸内に残されることに…。

 

この毒素は大腸内にある血管から血液中に入り込んで、やがては皮膚まで到達し、そこから排出されます。

 

つまり、それがニキビや肌荒れを引き起こしているのです。

 

腸機能が乱れると、便秘になりやすくなり、その便秘がさらに腸機能を低下させます。

 

本来排出されるはずの便や老廃物が腸内に残されている状態では、腸がうまく機能しないのも当然です。

 

腸の乱れはつまり、腸内細菌のバランスが悪くなっていること!

 

この時、腸内では悪玉菌が優位になっており、それが更に便秘や下痢を悪化させてニキビの原因にもなるわけです。

 

現代の食生活は便秘になりやすい

 

現代の食生活は便秘の原因になる要素がたくさんあります。

 

まずは、食の欧米化により肉や油もの・加工品中心のメニューになって腸に負担を与えていること。

 

また、野菜や海藻・果物などを食べない人は、食物繊維が不足しているのも原因の一つです。

 

運動不足で腸のぜん動運動が弱まっていることや、ストレスによる自律神経の乱れも、腸の動きを悪くするため、便秘を引き起こしてしまいます。

 

腸内環境を整えて便秘が解消されれば、腸内の毒素もなくなりニキビ改善が期待できます。

 

腸内環境を整えるためにできることをチェックしておきましょう。

 

食物繊維は善玉菌の餌になり、腸内環境の改善につながる栄養素です。

 

腸内の有害物質を排出する働きもあるので積極的に摂るようにしましょう。

 

主な食材は、野菜・海藻・果物・発酵食品・穀物など。

 

乳酸菌が入っている、ヨーグルトと組み合わせるのもおすすめ!

 

ストレスは厳禁!

 

過度なストレスにさらされると自律神経のバランスが乱れて腸の動きを悪くしてしまいます。

 

便秘や下痢を慢性化させるので、ストレスは溜め込まないようにしましょう。

 

運動不足で腹筋の力が弱くなると、腸のぜん動運動が落ちてスムーズな排便ができなくなってしまいます。

 

ウォーキングや腹筋など軽い運動をして腸の動きを良くしてあげましょう。

 

過度な運動は交感神経を刺激して腸の動きを悪くするため注意してください。

 

ニキビができやすく、治りにくいという人は、腸機能を疑ってみましょう。

 

腸内や血液中の毒素が、ニキビの原因になってしまうんです。

 

ニキビを治したいのなら、便秘を解消させて腸の中をきれいにしなくてはなりません。

 

食物繊維をタップリ摂って、ストレスの発散や運動で、腸機能を改善させてみてくださいね。